語学力ゼロアラサー女子がイタリアへ嫁ぐ日記

イタリア人男性にプロポーズされた後、イタリアへ嫁ぐ事を決心。 出発前に妊娠発覚する。 語学力ゼロの妊婦がイタリア田舎ライフを記録するブログです。 気まぐれで更新します、よろしくお願いします。

家を買った話

 

イタリアに嫁いで約3年。

 

なんと、夢のマイホームを購入しました!!!

今はコロナ禍で不動産の物価が下がっているのでこのタイミングで家を買えたらなぁと思っていました。

何件か内見を行ったところ、運命の家に出会ったのです!!

 

とはいうものの、イタリアで新築物件を買うと東京一等地と変わらない金額だったりします。

古い家を購入して、リフォームしていくのが主流なイタリア。

 

今現在住んでいる家も1600年代に建てられた家をリフォームして住んでいます。

(ちなみにここは街のど真ん中で、歴史的建造物なので外装工事も役所から許可もらわないとできません。)

室内の床はタイルで冷たいし、クーラーは室外機を外に置けないので猛暑日はきついし(歴史的建造物なので室外機を外に置いてはいけないルールがあるそう)、冬は暖炉しかないので暖炉掃除や燃料を買って運ぶの一苦労、電気配線や水回りなどの管理も大変。

週末や年末年始は家の周りでパーティーの声が響くし、隣が教会なので毎時間大きな鐘の音が鳴り響いてます。

 

それに駐車問題も。路駐は場所の取り合いだし、外に止めておくと車が痛むから嫌い。

私たちは大きな地下パーキングを月額で借りてるけど、徒歩20分。笑

便利そうでとても不便な中心部の生活。

子供がいると特にいい点は感じられなかったかな。

 

 

そんな中、やっと新しい家の引き渡しの手続きを終えました。

おそらく家購入は途中までは同じ流れだと思います。

 

内見、物件抑える、銀行やローン会社に相談、審査が降りれば引き渡しの手続き。

でね、引き渡しの時にでてくる日本でいう「行政書士」のような役割のnotaio(ノタイオ)という人が面白いので紹介します。

 

このノタイオはヨーロッパにしか存在してないらしく、家や車、主に資産になるものの譲渡や契約に登場する人です。

引き渡し日の当日、私たち夫婦はノタイオの事務所に出向き大きな部屋に案内されました。

そこには、私たち夫婦の他に、ノタイオ、家を売却するオーナー夫婦、不動産、担当の銀行員の7人が集められました。

そして全員のIDを確認されたのち、ノタイオが家に関する全ての情報を読み上げます。

家の情報や価値、売買する人の情報、立会人の情報、どのように支払うのか、世帯主は誰になるのかなど。

間違えがなければ、書類にみんなで署名して終わりになります。

ここまでの作業でだいたい1時間程度、家の規模などによりますがこのノタイオに支払う金額はだいたい3000〜7000€(今のレートで40万〜100万くらい)です…。

 

痛いな、このお金。

 

いい仕事だよね、子供たちが大きくなったらノタイオになってほしいわ!と思っていたのですが、残念ながら目指してもなれません!

弁護士の枝分かれのような仕事なので国家試験はあるものの、そもそもノタイオの家庭に生まれないとなれないのです。

 

でた!イタリアお得意のコネクション!笑

 

でも、歴史的建造物が多く残るこの国で、世代を渡って建造物価値を守り抜いてきたノタイオという職業は選ばれしエリートなんですね。

これからもこの国からは消えることはないんだろうなぁ。

んー奥深い!

 

とりあえず無事家は購入できましたので、時間ある時にリフォームの話もできたらいいなと思います♪

ちなみに購入した家はボロボロです。リフォームがんばります。

 

Buonanotte! おやすみなさい。

コロナ陰性後の生活

1月に家庭内感染でコロナになり、私は1月末で陰性、主人は2月頭でやっと陰性となりました。

 

イタリアのルールとしてコロナ陽性者(自宅療養者)は14日間は家から出てはいけない。

そこから陰性になるまで毎週コロナ検査をさせられました。

自宅から出てはいけない期間は最長で21日。

21日以降は検査結果が陽性であっても(※主治医の許可の元)外出が許されています。

そこまで時間が経っていればウイルスも感染する力を失われ、人に移ることはないんだそうです。

 

しかし人に移らない確率がゼロでない限り、家から出たくなかった私たちは計5週間家に引きこもっていたわけです。

ラッキーことに私たちは全員が軽症で済んだので、最後の2週間は全員ぴんぴんしていて、家の中でやることなくて毎日掃除ばかりしていました。

しかしコロナの怖いところは症状がなくなっても陽性のままであるということ。

それから私は味覚嗅覚が戻ってくるのに陰性後1ヶ月くらい時間がかかりました。

陽性期間が長いことや、陰性後も残る症状を考えると本当に恐ろしいウイルスなんだと実感しました。

日本ではPCR検査をさせてくれない、病院やホテルなどに空きがないなどのニュースを耳にすると日本にる家族が心配でなりません。

早く全国の人がワクチンを終えて、普通の生活に戻れますように。

 

 

陰性になってからは、子供たちのプレスクールにも戻り通常の生活を送っていましたが、

またしばらくすると私が住んでいる州(ロンバルディア州)はレッドゾーンになりました。

学校やレストラン、バールは全て閉鎖です。

日用品店だけ開いていました。

また引きこもり生活に戻ってしまったので、主人の実家へみんなで泊まりに行きました。

 

4月に入り、ロンバルディア州はイエローゾーンに変わりました。

学校も開いているし、飲食店も外での飲食のみ許されています。

ところが、、、やっぱりみんな考えることは同じ。

待ってましたかのようにみんな一斉に外に出てしまって街中は密です。汗

夏も近づいているので感染者が減るのかもしれませんが、何があるのか分からないこのウイルス。

またイタリアも爆発的な感染者数が出ないことを願います…。

 

新年早々コロナになった話

遅くなりましたが、みなさまあけましておめでとうございます。

 

新年は家でのんびり過ごしました。

毎年イタリア中、カントダウンは人が出回り、人々は歌い歩き、花火の音がいつまでも鳴り響いていてお祭り騒ぎだっていうのに、今年は花火の音が15分くらい寂しそうにバンバンと音を立てて終わりでした。

街の中心に住んでいる私たちは花火の音が家中に響き、子どもたちが起きてきて最悪でした。笑

 

さて、タイトルにもあるように…家族4人コロナになっちゃった話。

 

1月8日の話。

昼過ぎに主人から同僚が陽性になったとのメール。

彼女と一番近い距離で働いていたうちの主人。

この日は同僚から検査結果の報告を受けて、主人の会社は急いで戸締りしてみんな早退となりました。

「今から僕たち家族は10日間の自宅待機となるから、急いでスーパーで食べ物いっぱい買ってきて!」と連絡。

スーパーに行き、ベビーカーが潰れそうになるくらい食べ物を買い込みました。

この日は誰もなんともなかったんだけど…。

 

1月9日

主人が「熱がないのにとにかく怠い。39度くらいの熱があるみたいだ。」といい寝込む。

ご飯もお粥とミネストリーナくらいしか食べない。

 

1月10日

主人→昨日までの怠さが続く、熱が37、5度くらい。

味覚と臭覚がなくなる。

 

1月11日

PCR検査を受け、陽性と判明。

 

1月14日

主人→熱は下がるが怠さがまだある、咳が少し出る。目が痒い。

長女(2歳)→目の周りが浮腫み赤みが出る、熱なし、鼻水が少し。コントロール不能なくらいの機嫌の悪さ。(たぶん怠かった)

 

1月15日

主人→味覚臭覚はだんだん戻ってきた。目が痒い。

長女→目の周りの浮腫み、赤みがまだある。熱なし。目が痒い。機嫌は治った。

次女(6ヶ月)→朝からぐったりしている、鼻水少し、熱はなし。いつも元気に遊ぶのに全く興味を示さずおんぶでずっと寝ている。離乳食もスキップ。夜も30分毎に起きて授乳。

 

1月16日

主人→たまに頭痛、目が痒い。

長女→目の浮腫みと赤みはまだあるが元気。

次女→元気そうに見えるが、離乳食の量も半量しか食べない。夜は相変わらず30分毎に起きる。

私→全身神経痛のような痛み、怠さ、鼻水、目が痒い。熱はなし。

 

1月18日

主人→疲労感。みた感じ元気。

長女→元気

次女→元気

私→PCR検査を受け、陽性と判明。神経痛のような痛み、頭痛、怠さ、鼻水、目が痒い。熱なし。味覚、臭覚なし。

 

1月19日

主人→元気

長女→元気

次女→元気

私→神経痛のような痛み、頭痛、怠さ、目が痒い。熱なし。味覚、臭覚なし。

 

1月24日

家族全員もう元気です。

私にだけ、味覚と臭覚がない…。料理の味がわからないから毎回ご飯作るのに困る…。

 

 

もうほぼ3週間家から出ていないけど、毎日なんとかなってます。

毎日昔のおもちゃを引っ張り出して遊んだり、長女を一緒にお菓子を作ったり、最初は外に出たがってた長女も「お外あぶないから!」とか言って家遊びを楽しんでくれてます。

買い物は大手スーパーの宅配サービスを2回利用しました。

あとは家族のみんなや、友人たちが買い物に行ってくれて玄関の前に置いといてくれます。

こういう助け合い、日本では味わったことない。

プレスクールのママ友まで色々助けてくれます。本当に感謝しかない!!

みんなお菓子置いてってくれるからおかげさまで病気のくせに太りました。笑

味わからないのに腹は減る…変な感じ。笑

 

コロナになってみて思ったこと。

熱がないのにひどい頭痛。頭かち割れそうに痛いのに熱ないって異常だと思った。

あと味覚臭覚がないって怖いことだよね、しかも後遺症残る人結構いるって言うじゃん。

昼食にオレンジ食べたの、熟れた甘いオレンジ。

主人は甘い!って言うんだけど、私にはすごく酸っぱく感じるの。

甘味がわからない、チョコレート食べてもケーキ食べても無味。

体が覚えている味…例えば大好きなハンバーグ、ビーフシチューの味は脳が味を思い出させてくれました。少し味がする気がするけど、目隠しされたら何食べてるかわからないんだろうなと言う感じ。

美味しくご飯を食べたい…治るのかとても不安。

 

シャンプーの匂い、次女のう○ちの匂い、食べ物を焦がした匂い、カビキラーの匂い、全て無臭です!私には何も感じません!笑

困った…とても不便。

次女のう○ちには気づかず、もう何回服を汚されたことか…笑

昨日は換気扇回さずカビキラー使ってて主人に死ぬ気かと怒られました。私のドジひとつでこんな危険な目にも…笑

 

 

今月末に家族全員でPCR検査に再度行ってきます。

そこで全員陰性がでればやっと外に出れる!!

それまでもう少しの辛抱だ🥲

産後ハゲと戦う

Ciao a tutti!

 

産後4ヶ月たちました。

長女の時もそうでしたが、二人目の時はさらにヤバい産後ハゲ。

抜けるんです、ほんとに毎回ごっそり。

シャワーを毎日一緒に浴びている長女が抜け毛を見て”髪しゅごいねー!”って驚いてくれます。

 

日本には頭皮ケア用のシャンプーだったりたくさん置いてありますよね。

ネットショッピングでも”産後シャンプー”と検索すればあっという間に専用シャンプーが見つかるはずです。

イタリアはそんな簡単じゃない…

私なりに人に聞いたり調べたり、使ってみた感想を書いていこうと思います。

 

 

まず試したのがBIOPOINTの抜け毛を助けるというシャンプー。

大型スーパーで購入。(旦那が買ってきてくれた。)

洗浄力が強く、日本のシーブリーズの様な独特の強い匂いがする…。

結果、抜け毛の量は全く減る事なく全く良くなかった!(旦那ごめん。笑)

そして量が多くて全然使い切らない!

★☆☆☆☆ 星ひとつ。

f:id:jasmik:20201117065523p:plain

 

 

次はこれ。

いわゆるリンスインシャンプー。200mlという小さめサイズ。

子どもにも使える。薬局で買えます。

泡立ちはほぼ無し、仕上がりは思ったほどキシキシではなかった。

抜け毛は少々減った気がする。

大きいサイズがないのが残念。

★★★☆☆ 星みっつ!

 

f:id:jasmik:20201117071436p:plain

 

次はこれ!

抜毛、弱った髪専用の昔からあるシャンプーブランド。

薬局や大型スーパーに売ってます。

シャンプーは泡立たず、仕上がりはキシキシ。

抜毛は少々減った気がするけど、相変わらず抜け続ける。

★★★☆☆ 星みーーっつ!

f:id:jasmik:20201117072640p:plain

 

まだこれっ!ってものには出会ってない。

産後ハゲはいつか終わるものだけど、ハゲないに越した事はないから努力したい。笑

薬局に聞きに行っても「果物や野菜、肉の赤身、DHAを良くとること。」しか言われない。

あとはシャンプー後に頭皮に塗布してマッサージするローションの方が数多く売っています。

これは産後の忙しいママには向いてないから選択肢にはなし!

もう少し経ってハゲが治らなかったら使ってみようと思う。笑

 

今現在は二番目に紹介した子どもも使えるリンスインシャンプーと、ママ専用のサプリを飲んで様子を見てます。

これ以上抜けないで、私の髪。。

 

おやすみなさい Buonanotte!

 

2回目のロックダウン

今日だけでコロナ感染者が3万人を超えたイタリア。

前回ロックダウンでは仕事、買い物、病院意外での外出禁止、学校も閉まり、仕事もほとんどの人が家から。

ランニングなども禁止してました。

当たり前ですがここまですると経済が全然回りません。

 

そんなイタリア、また感染者がドーンと増えたため2回目のロックダウンが始まります。

といっても前回よりかなりゆるいです。

 

11月6日〜12月6日まで

●飲食サービス業:営業は午前5時~18時まで。1テーブルに最大4人まで。

●持ち帰りサービスは、店舗近辺で飲食しないことを条件に、22時まで営業可能。
●学校:幼稚園~中学校までは対面授業継続。高校は75%以上の活動をオンライン教育とする。
●ジムやプールは営業停止。

●夜間22時〜翌朝5時までは外出禁止。(証明される仕事上の都合、健康上の理由があれば許可される。外出許可書を記入し持参していなければならない。)

●美術館、文化施設等の閉鎖。
●土日、祝日はショッピングモール閉鎖。(中に入っているスーパー、薬局、タバコ屋は営業可)

旦那の会社でもコロナ感染疑惑者が複数名いるし、なんだかすぐ近くにコロナがいるって感じ😢

私は引き続き子供達を連れてプレスクールに通えるけど、集まってもみんな距離を取ってて暗い雰囲気。

とにかく外でも家の中でもアルコールジェルつけまくってて肌がカサカサです。笑

 

クリスマスまでに少しでもコロナが落ち着けばいいなあ…

イタリアコロナ second wave

今年3月からロックダウンし、一時は感染者が少なくなったものの

10月に入ってから1日1万人超え、ここ1週間は2万人を超えています。

死者は残念なことに200人超え…

 

もうロックダウンしたくないイタリアは規制をどんどん厳しいものにしてるけど

一向に感染者は減りません。

 

9月から始まった学校などもまたリモート授業に戻るみたいだし、

娘たちが通っているtempo famiglia(日本で言うプレ幼稚園?)もこの先また閉まる可能性が高いみたい。

このtempo famigliaも去年までは平日5日の午前と午後、いつでも来てくださいって感じだったけど、今年は2グループに分けられ人数制限あり。

1グループに対し子供5人まで、保護者は両親どちらかでなくてはならない(祖父母やシッターさんもNG)。

 

お隣の国フランスはロックダウンになりました。

これからイタリアどうなるのかな。

 

早く日本に帰って、両親に二人目を抱っこさせてあげたい。

その思いはいつ届くのかな😢

コロナ禍での出産

Ciao a tutti!

 

7月1日に無事に次女が生まれました。

 

そもそも健康な赤ちゃんであれば検診が4回だけのイタリア。

(それとは別で、毎月血液検査をしに保健所へ、お腹のエコー写真だけを撮りに超音波検査士のところへ行きます。

イタリアは検査などは自分で行い、その結果を持って先生の検診を受けるといった感じ。

病院でカルテ管理をするのではなく自分でカルテを管理します。)

 

検診もコロナの影響で2回目以降は旦那は同席できず、一人で診察室へ入りました。

長女の時にもお世話になった先生に今回もお願いしました。

とっても気さくで私の目をちゃんと見て話をしてくれる先生。

私の赤ちゃんは経過も順調でしたが、長女を帝王切開で出産してるので今回も帝王切開で予定出産をすることに決めました。

というのも、ご存知の通りイタリアはコロナ感染者が多く5月まで国全体がロックダウン。

ロックダウン後も病院では立ち会い出産、面会ができない状況でした。

自然分娩でいつ終わるかわからない陣痛の痛みを一人で耐えなければいけないと思うととても不安だったので、信頼ある先生に手術をお願いすることにしました。

出産日も生まれる時間も決まってるので旦那、家族からしたらとても安心だったと思います。

 

出産当日は朝7時に病院へ向かい、入院部屋に案内され、手術服に着替えました。

エコー検査、心電図の検査をして、手術室へ運ばれました。

手術中もマスク着用。とにかく息するのも苦しかった。

長女の時は17時間かかった出産も、今回は1時間以内で終了。笑

あー陣痛疲れた、という感覚はなく、ただ大手術が終わったという体の痛みのみ。

それでも10ヶ月もの間、コロナという大変な環境を乗り越えて健康に育っててくれた次女に会えた時はそれはもう嬉しかった!!

 

産後15分のみ旦那には私と次女に会う時間が設けられました。

あっという間に時間は過ぎ、旦那は帰宅。

私は部屋に運ばれ、しばらく休みなさいと赤ちゃんは新生児室へ。

術後は相部屋のママとおしゃべりしたりして、全く産後感なし。笑

 

3時間後には「ママ、赤ちゃんがお腹すいたわよ!」と横に連れてこられました。

そこから、新生児室には基本的には預けられず体が辛くても世話させられます。

(お願いしても1時間で戻ってくる。笑)

他の病院はしりませんが、うちの病院は本当にスパルタ。笑

長女の時も全く同じ待遇だったから、今回も病院に期待はしてなかったので体が痛くても頑張れました。笑

面会できない状況で、不安で情緒不安定になり泣き出すママを何人か見ました。

私は長女で勉強させてもらったことに感謝。

とにかく長女、家族に会いたかった。涙

 

帝王切開で3泊4日のイタリアの病院。

また入院中の様子は別記事に書きたいと思います!

 

Buona giornata!♡